Home > スポンサー広告 > 柴犬ちくわとの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments: -

レイママ URL 2010-11-11 Thu 21:53:22

ちくわ君のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
ブログに書くのも凄く辛かったですよね。

胸が詰まってしまって、これ以上書けません。
ごめんなさい。

まめ URL 2010-11-11 Thu 23:50:21

はじめまして。
うちの柴犬と生まれたのが近く、いつも楽しく拝見しておりました。
病気になってからは心配で1日も早い回復を願っておりましたが、本日のブログを読んで愕然としました。

絶対に回復するものだと思っておりました。
更新されなかった時も、単に忙しいだけだ、また散歩等楽しいタイトルがやってくるはずと信じておりました。
凄く残念です。

ちくわ君は短い生涯でしたが、いっぱいの愛情を受けたと思います。
ブログの写真でわかります。幸せだったと思います。
実際に会った事もありませんがほんとうに悲しいです。

うちのまめ君も本日で4ヶ月を迎えました。
血はつながっておりませんが私たちの子供です。

私たち夫婦も子供がいなく、まさに子供のようで
まめとも10日違いで本当に自分たちの境遇に似ていた
ので、残念で残念でたまりません…

ちくわ君は短い時間で、たくさんの愛情を受けて
幸せだったと思っていますので、辛いとは
思いますがどうか早く元気になって下さい。


ちくわ君のご冥福をお祈り申し上げます。


まめパパ、ママ

2010-11-12 Fri 00:08:56

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちくわ URL 2010-11-12 Fri 10:11:59

■レイママ さん

言葉にならない気持ちをくださり、
私の気持ちを汲み取ってくださり、
ありがとうございす。

寒くても元気一杯なレイちゃんが
これからもすくすく育ちますように。

ちくわの成長を一緒に見守ってくださり、
本当にありがとうございました。

ちくわ URL 2010-11-12 Fri 10:36:34

■まめパパ、まめママ さん

はじめまして。

ちくわと10日違いのお子さんがおられるのですね。
文章からもまめ君を愛情たっぷりに大切にされている
温かなお人柄が滲み出てて。
お会いしたことはありませんが、まめ君はきっと幸せ者ですね。

いつもちくわのブログを見てくださっていたとのこと。
本当にありがとうございました。

ちくわはビビリのくせに人間だけはとても大好きでしたので、
見てくださっていたこと、とても喜んでいると思います。

ちくわのブログを立ち上げた事自体も後悔してしまうような
気持ちにもなったりしますが、こんな風にちくわを見守って
くださっていた方が存在してくださっていたのだな、と思うと、
後悔する気持ちが少し和らぎます。

柴犬まめ君との温かな日々が、末永く続きますように。

本当にありがとうございました。

2010-11-12 Fri 11:38:15

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぽきごま URL 2010-11-12 Fri 14:33:37

コメント返し、よろしければ公開の形でおねがいできますでしょうか。

私のブログの方でもちくわくんへの気持ちを語らせていただきました。

ちくわ君が大好きだった気持ちを書きました。

2010-11-12 Fri 16:49:38

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちくわ URL 2010-11-12 Fri 17:07:24

■ぽきごま さん

ありがとうございます。
では公開させていただきますね。

書いてくださった記事、読ませていただきました。
ちくわを愛してくださり、大切に想ってくださり、
本当にありがとうございました。

ちくわ URL 2010-11-12 Fri 17:09:58

■ぽきごま さん

ちくわの死に涙してくださり、
私を精一杯励ましてくださり、
本当にありがとうございます。

悲しいことに私は大丈夫なんです。
こんなに辛いのに、お腹も空くし
疲れ果てたら眠りもします。
きっと私はどこかが欠けてるのでしょう。

心配なのはちくわです。
まだ辛い思いをしたままでいるんじゃないか、って。
どれだけ供養をしても、手を合わせても、ちくわの
安らかな寝顔と元気に駆け回る姿をこめかみが痛く
なるほどに祈りつくしても、
全部形だけで、何も意味を成さないような気がして。
まだ苦しんだままでいるんじゃないか、って。

折角励ましてくださっているのに、申し訳ありません。

ちくわのブログ、楽しんで見てくださり本当にありがとうございました。
人間が大好きで、見られるのも触られるのも大好きなちくわでしたから、
とても喜んでいると思います。

本当にありがとうござました。

ちくわ URL 2010-11-12 Fri 17:37:17

■れおまま さん

ちくわの短すぎた生涯を、精一杯肯定してくださり、
本当にありがとうございます。

仰るとおりの「幸せわんこ」だったら嬉しいな。
少なくとも私はちくわと出会えて、ちくわと生きられて、
とてもとても幸せでした。

頂いた温かいお言葉とお気持ち、胸に大切にしてゆきます。

本当にありがとうございます。

2010-11-12 Fri 20:11:04

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ソラママ URL 2010-11-13 Sat 02:11:36

はじめてコメントいたします。
偶然、立ち寄った別の方のブログで、
ちくわちゃんの最後を知りました。

以前、「ちくわちゃんだって!可愛い名前!」と
こちらのブログを通りがかったことがありました。
私たち夫婦にも子供がおらず、8月に4ヶ月の柴犬を迎えました。
それで、色んな柴犬ブログを徘徊していたのです。

ワンコとはいえ、間違いなく私の子供で、かけがえのない存在です。
飼い主さんももちろん同様のお気持ちでしょう。

今回の悲しい記事を拝見して、同じ柴の子犬をもつ者として、
言葉にならない怒りや悲しみがあふれてきました。

これから、十数年という短い間、
いっぱいの愛情を注いで、いっぱい元気をもらって
素敵な毎日が約束されたはずなのに。

純粋そのもののちくわちゃん。
今、きっと天国で苦しみを忘れ、楽しく駆け回っているはずです。
そして、飼い主さんとの楽しい思い出だけお空に持って行ってるはずです。

4ヶ月という短い命でしたが、
絶対に意味のある4ヶ月です。

飼い主さんの心が少しでも早く元気になりますように。
何も出来ませんが、ご冥福をお祈りさせてください。

ちくわ URL 2010-11-14 Sun 04:18:03

■ソラママ さん

ちくわの名前を褒めてくださり、ありがとうございます。

いつかワンコと一緒に生活をするようになったら、名前は
「ちくわ」と昔から決めていたのです。

獣医の先生が教えてくれました。
ちくわは息をひきとる最後の瞬間まで頑張ってくれていたと。
最後を迎える直前に獣医の先生が「ちくわ!」と呼んだら、
その言葉にだけは反応したと。

この話を思い出す度、堪らない気持ちになります。
私にとっては、大切な大切な名前です。


浜辺をお散歩するソラちゃんの記事を拝見しました。
ソラちゃんにとっては、毎日が楽しい大冒険なんですね~。
水を恐がらないのはすごい! エライ!
ちくわはシャワーの音がしただけで、怯えてました^^;

そばに来てちょこんと座ってくれると嬉しいですよね。
ソラママさんを振り返って見上げるソラちゃんの無垢な瞳。
安心しきってて、ほんとに幸せそう。

ソラママさん家族に、これからも嬉しい楽しい瞬間が、
沢山沢山訪れますように。


ちくわの短かすぎた命を、絶対的に肯定してくださり、
本当にありがとうございました。

とてもとても嬉しかったです。

2010-11-14 Sun 18:17:29

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちいちゃんママ URL 2010-11-15 Mon 10:26:39

初めてコメントします。いつも読み逃げばかりしていました。
とっても可愛いちくわちゃんを見ては和んでいました。

私も柴犬を飼っています。子供もいません。
私達夫婦にとって今いるワンコはかけがえのない存在です。
ちくわちゃんを失ったママさんの気持ちを考えると本当に
辛い気持ちになります。

ワンコは亡くなると虹の橋を渡るそうです。
その先にはたくさんのお友達がいて、生前病気や怪我で
苦しんでいた子も痛みから解放され、楽しく暮らすことが
できるそうです。
ちくわちゃんも今は痛みも苦しみもなく、お友達と楽しく
していますよ。
きっと空の上からママさんの事を心配しているでしょう。
すぐに元気になるのはムリだと思いますが、ご自分の
体も大事にしてくださいね。

かぼすママ URL 2010-11-15 Mon 20:17:43

今までの愛らしい写真を拝見し、涙が止まりません。
短い一生だったけど、たくさんたくさん愛されて、ちくわ君は幸せだったね。
乗り越えるまでにはとても時間がかかると思います。
どうしてあの時・・・、どうしてもっと・・・、どうして、どうしての繰り返し。
どうぞ、ご自分を責めたりなさらないで。
私は、ケンが亡くなった時、江原さんの本を繰り返し読みました。
とっても辛いけど、泣いてばかりいたら、ちくわくんはきっと悲しむよ。
ちくわくんの姿はもう見えないけど、今でもすぐそばにいるんだから。
またいつか、必ず会えるんだって! 
自分が旅立つ時に、ちぎれんばかりに尻尾を振って、迎えに来てくれるんだって!
その時まで、精一杯、頑張ろう!

ちくわ君のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。








ちびろみ URL 2010-11-15 Mon 21:20:54

突然の訃報に驚きました。
とてもショックで、言葉が出ません。
だけど、コメントを書かずにいられませんでした・・・
たとえ短い命だったとしても、ちくわ君はとっても幸せだったはず。
どうか、ご自分を責めたりなさらないでくださいね。

ちくわ君のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

2010-11-15 Mon 23:33:52

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちくわ URL 2010-11-24 Wed 18:25:58

■ちいちゃんママ さん

コメントありがとうございました。
ご返答が遅くなり申し訳ありません。


>ワンコは亡くなると虹の橋を渡るそうです。

そうなんですね。
そうだと嬉しいな^^

今年の夏、生まれて初めて360度の虹をちくわと一緒に
見たのを思い出します。


>ちくわちゃんも今は痛みも苦しみもなく、お友達と楽しく
していますよ。

ほんとに心からそうであってほしいと願います。


>きっと空の上からママさんの事を心配しているでしょう。
すぐに元気になるのはムリだと思いますが、ご自分の
体も大事にしてくださいね。

ありがとうございます。
私は大丈夫です。
胸が張り裂けそうに悲しくて、辛い気持ちの時でも、
何故かちゃんとご飯も食べれますし、睡眠もしっかりとれます。
自分の丈夫さに呆れるくらいです。

ちいちゃんのブログ、拝見させていただきました。
ちいちゃん、可愛いですね~。
女の子らしい柔らかな顔をしてらっしゃる。

真っ赤な紅葉にちいちゃんの優しい毛色はとても映えますね^^
私もとても和ませていただきました。

また時々お邪魔させていただきますね。

>とっても可愛いちくわちゃんを見ては和んでいました。

元気な頃のちくわの姿を見てくださっていたこと、とても嬉しかったです。

本当にありがとうございました。

ちくわ URL 2010-11-24 Wed 19:03:50

■かぼすママ さん

なかなかお返事ができなくて、申し訳ありません。

生前の元気でわんぱくなちくわの写真を見てくださり、
本当にありがとうございます。
ちくわもかぼママさんに元気な姿を見てもらって、
喜んでいると思います。

かぼちゃんと、かぼママさんのご家族みたいに、色んな季節を
一緒に感じ、味わいながら生きていくのが私の夢でした。
なのに、今年の茹だるような夏しか見せてあげられなかった。
悲しいです。

過去に書かれた、わんぱくでいたずらっ子なケンちゃんの記事を
読ませて頂きました。
どうしても、かぼママさんのケンちゃんに対する想いと、私のちくわに
対する想いを重ねて読んでしまい。
涙が止まらなくなってしまいました。

いつか私が旅立つ時に、ちくわから私に駆け寄ってきてくれる自信は
全くありませんが、私がちくわを探しだして、駆け寄って抱きしめよう
と思います。
伝えられなかった「ごめんね」と「ありがとう」を目一杯伝えます。
その日を楽しみに、ちくわに恥ずかしくない生き方をしなくちゃですね。

柴犬かぼちゃんとの優しい日々が、末永く続きますように。

温かいメッセージ、本当にありがとうございました。

ちくわ URL 2010-11-24 Wed 19:26:10

■ちびろみ さん

ちくわの死を嘆いてくださり、私の心情を気遣ってくださり、
本当にありがとうございます。


>とてもショックで、言葉が出ません。
だけど、コメントを書かずにいられませんでした・・・

コメントを書いてくださり、本当にありがたく思っています。
ちくわが可愛くて仕方なくて、愛しく想うあまりに、ちくわ自慢として
始めた初めてのブログ。
本当に自己満足の世界でしたので、見てくださってる方がこんなに
いるだなんて思ってもいませんでした。

生前の元気なちくわを見てくださっていた方がいたんだ、と事実だけでも、
ブログを始めて良かったな、と心から思います。


ちびろみさんのブログ、拝見させていただきました。
コタツでくつろぐぽちちゃん、可愛いですね~。

ぽちちゃんを、ペットとして飼うというよりも、家族として一緒に
生活されてるんだな、とどの記事からもぽちちゃんを大切にされて
いるのが伝わってきて。
癒されます。

またお邪魔させていただきますね。

ぽちちゃんとの温かな日々が末永く続きますように。

2010-11-27 Sat 23:10:24

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-12-02 Thu 12:47:10

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: -

TrackBack URL for this entry
http://shibainuchikuwa.blog130.fc2.com/tb.php/110-3b7cbf8d
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from 柴犬ちくわとの日々

Home > スポンサー広告 > 柴犬ちくわとの日々

Home > 未分類 > 柴犬ちくわとの日々

柴犬ちくわとの日々

  • Posted by: ちくわ
  • 2010-11-11 Thu 14:27:32
  • 未分類


まずはコメントをくださっていた方、ちくわを心配してくださっていた方たちにお詫びを申し上げます。
返信、更新ができず申し訳ありませんでした。


2010年11月8日 午前1時5分 ちくわが息をひきとりました。
たった4ヵ月と1週間の命でした。


死因は散歩中に毒、または劇薬の摂取による肝臓への過度の負担からのショック死だろう、とのこと。
最後は苦しみぬいた末、全身から血を吹き出し息絶えた、と獣医さんからお話がありました。
数日間続いていた桿菌による下痢の症状とは全く無関係な死、だったそうです。


亡骸と対面したら、獣医さんのお話の通り、安らかな死とは程遠い、苦しみもがいた表情をしたまま、目を見開き、血だらけの中、ちくわは動かなくなっていました。


まだほんの数日前に初めての散歩に出たばかりで。
外の世界にドキドキ緊張しながらも、狭いリビングに比べたら果てしなく広いこの世界が嬉しくてたまらないのか、所狭しとわんぱくに駆け回っていました。
全てがまだ始まったばかりでした。


「辛く苦しいのは、それだけ大切に思っていたからだよ」と周りの人達は言ってくれます。
「ひきとった事自体を後悔したりしちゃダメだよ。それはちくわが可哀そうだよ」とも言ってくれます。
全部その通りだなぁ、と頭ではわかるのですが。

「犬猫を殺すために、わざと毒をまく人間もいるんだよ。」


知りませんでした。
そのような人間がいるんですね。



獣医さんが仰ってました。
「犬の誤飲誤食は当たり前で、石ころやタバコ、普通に道に落ちているものを飲み込んだくらいでは死ぬ事はまずありえません。余程の劇薬を摂取しないと、このような死にはいたりません。私の経験上、数年に一度、同じような死に方をされる犬がおります。」


なんだかまるで運が悪かったみたいだ。


運悪く、生後約四ヶ月で、劇薬を誤飲し、苦しみもがいたあげく、全身から血を吹き出し事絶えた愛犬の死を、どのように受け止めればよいのでしょう。
この世はちくわが生きるに値しない世界だったということでしょうか。


葬儀の夜には生前ちくわを可愛がってくださった方達が、ちくわに会いに来てくれました。
「まるで眠っているみたいだね。胸が呼吸して上下しているように見えるね。」


火葬が終わり、骨を広い骨壷に収めました。
「我家に来たばかりの頃は片手で楽々持ち上げることができてたのに、最近は両手でも重たくて・・・」なんて数日前に笑いながら話してたのに。
骨になったちくわは、初めて会った時よりも随分と軽くなっていました。


ちくわの死から数日。
我家のリビングにも、近くの公園にも、一緒に見たベランダからの景色にも、目に映る全てにちくわがいます。
でも、どこにもいなくて。


あの日。
ちくわがこの世を去った日の早朝。
動かなくなったちくわを抱きしめながらマンションのエレベータを9Fで降りて歩いた渡り廊下。
私の腕の中で、ちくわはどんどん冷たく硬くなっていくのに、オレンジ色の朝日が眩しいくらいに私達を照らしてた。
今まで見た中で一番美しい朝焼けだった。

ちくわが死んで、この世界は終わったはずなのに。
色を失ったはずなのに。
あまりにも身勝手で容赦のない太陽の光が、私達を射していました。


最後にちくわとリビングで遊んでいた時。
いつもなら自分からかまってほしくて近寄ってきても、いざ触ると全身をもじもじさせて暫くしたらプイッと逃げちゃうくせに。
その日、私がソファに座っていたら、ちくわがテケテケ歩いて来て、私の太ももの上にふわりと乗ってきて、スヤスヤ眠りはじめました。
そんなこと初めてだったから、嬉しくて嬉しくて、起こしたくないから姿勢を崩せなくて身体中が痛かったけど、必死に我慢して無邪気に喜んでた私。

今ならわかる。
辛いよ、苦しいよ、助けて、って必死に教えてくれてたんだよね。
ごめん、気付いてあげれなくて。
ごめんね。
ほんとに救いようがないね、私は。



子供を授かることができない私達にとってちくわは、血は繋がってはいなくとも、人間じゃなくても、まぎれもなく私達の子供でした。





スポンサーサイト

Comments: 24

レイママ URL 2010-11-11 Thu 21:53:22

ちくわ君のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
ブログに書くのも凄く辛かったですよね。

胸が詰まってしまって、これ以上書けません。
ごめんなさい。

まめ URL 2010-11-11 Thu 23:50:21

はじめまして。
うちの柴犬と生まれたのが近く、いつも楽しく拝見しておりました。
病気になってからは心配で1日も早い回復を願っておりましたが、本日のブログを読んで愕然としました。

絶対に回復するものだと思っておりました。
更新されなかった時も、単に忙しいだけだ、また散歩等楽しいタイトルがやってくるはずと信じておりました。
凄く残念です。

ちくわ君は短い生涯でしたが、いっぱいの愛情を受けたと思います。
ブログの写真でわかります。幸せだったと思います。
実際に会った事もありませんがほんとうに悲しいです。

うちのまめ君も本日で4ヶ月を迎えました。
血はつながっておりませんが私たちの子供です。

私たち夫婦も子供がいなく、まさに子供のようで
まめとも10日違いで本当に自分たちの境遇に似ていた
ので、残念で残念でたまりません…

ちくわ君は短い時間で、たくさんの愛情を受けて
幸せだったと思っていますので、辛いとは
思いますがどうか早く元気になって下さい。


ちくわ君のご冥福をお祈り申し上げます。


まめパパ、ママ

2010-11-12 Fri 00:08:56

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちくわ URL 2010-11-12 Fri 10:11:59

■レイママ さん

言葉にならない気持ちをくださり、
私の気持ちを汲み取ってくださり、
ありがとうございす。

寒くても元気一杯なレイちゃんが
これからもすくすく育ちますように。

ちくわの成長を一緒に見守ってくださり、
本当にありがとうございました。

ちくわ URL 2010-11-12 Fri 10:36:34

■まめパパ、まめママ さん

はじめまして。

ちくわと10日違いのお子さんがおられるのですね。
文章からもまめ君を愛情たっぷりに大切にされている
温かなお人柄が滲み出てて。
お会いしたことはありませんが、まめ君はきっと幸せ者ですね。

いつもちくわのブログを見てくださっていたとのこと。
本当にありがとうございました。

ちくわはビビリのくせに人間だけはとても大好きでしたので、
見てくださっていたこと、とても喜んでいると思います。

ちくわのブログを立ち上げた事自体も後悔してしまうような
気持ちにもなったりしますが、こんな風にちくわを見守って
くださっていた方が存在してくださっていたのだな、と思うと、
後悔する気持ちが少し和らぎます。

柴犬まめ君との温かな日々が、末永く続きますように。

本当にありがとうございました。

2010-11-12 Fri 11:38:15

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぽきごま URL 2010-11-12 Fri 14:33:37

コメント返し、よろしければ公開の形でおねがいできますでしょうか。

私のブログの方でもちくわくんへの気持ちを語らせていただきました。

ちくわ君が大好きだった気持ちを書きました。

2010-11-12 Fri 16:49:38

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちくわ URL 2010-11-12 Fri 17:07:24

■ぽきごま さん

ありがとうございます。
では公開させていただきますね。

書いてくださった記事、読ませていただきました。
ちくわを愛してくださり、大切に想ってくださり、
本当にありがとうございました。

ちくわ URL 2010-11-12 Fri 17:09:58

■ぽきごま さん

ちくわの死に涙してくださり、
私を精一杯励ましてくださり、
本当にありがとうございます。

悲しいことに私は大丈夫なんです。
こんなに辛いのに、お腹も空くし
疲れ果てたら眠りもします。
きっと私はどこかが欠けてるのでしょう。

心配なのはちくわです。
まだ辛い思いをしたままでいるんじゃないか、って。
どれだけ供養をしても、手を合わせても、ちくわの
安らかな寝顔と元気に駆け回る姿をこめかみが痛く
なるほどに祈りつくしても、
全部形だけで、何も意味を成さないような気がして。
まだ苦しんだままでいるんじゃないか、って。

折角励ましてくださっているのに、申し訳ありません。

ちくわのブログ、楽しんで見てくださり本当にありがとうございました。
人間が大好きで、見られるのも触られるのも大好きなちくわでしたから、
とても喜んでいると思います。

本当にありがとうござました。

ちくわ URL 2010-11-12 Fri 17:37:17

■れおまま さん

ちくわの短すぎた生涯を、精一杯肯定してくださり、
本当にありがとうございます。

仰るとおりの「幸せわんこ」だったら嬉しいな。
少なくとも私はちくわと出会えて、ちくわと生きられて、
とてもとても幸せでした。

頂いた温かいお言葉とお気持ち、胸に大切にしてゆきます。

本当にありがとうございます。

2010-11-12 Fri 20:11:04

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ソラママ URL 2010-11-13 Sat 02:11:36

はじめてコメントいたします。
偶然、立ち寄った別の方のブログで、
ちくわちゃんの最後を知りました。

以前、「ちくわちゃんだって!可愛い名前!」と
こちらのブログを通りがかったことがありました。
私たち夫婦にも子供がおらず、8月に4ヶ月の柴犬を迎えました。
それで、色んな柴犬ブログを徘徊していたのです。

ワンコとはいえ、間違いなく私の子供で、かけがえのない存在です。
飼い主さんももちろん同様のお気持ちでしょう。

今回の悲しい記事を拝見して、同じ柴の子犬をもつ者として、
言葉にならない怒りや悲しみがあふれてきました。

これから、十数年という短い間、
いっぱいの愛情を注いで、いっぱい元気をもらって
素敵な毎日が約束されたはずなのに。

純粋そのもののちくわちゃん。
今、きっと天国で苦しみを忘れ、楽しく駆け回っているはずです。
そして、飼い主さんとの楽しい思い出だけお空に持って行ってるはずです。

4ヶ月という短い命でしたが、
絶対に意味のある4ヶ月です。

飼い主さんの心が少しでも早く元気になりますように。
何も出来ませんが、ご冥福をお祈りさせてください。

ちくわ URL 2010-11-14 Sun 04:18:03

■ソラママ さん

ちくわの名前を褒めてくださり、ありがとうございます。

いつかワンコと一緒に生活をするようになったら、名前は
「ちくわ」と昔から決めていたのです。

獣医の先生が教えてくれました。
ちくわは息をひきとる最後の瞬間まで頑張ってくれていたと。
最後を迎える直前に獣医の先生が「ちくわ!」と呼んだら、
その言葉にだけは反応したと。

この話を思い出す度、堪らない気持ちになります。
私にとっては、大切な大切な名前です。


浜辺をお散歩するソラちゃんの記事を拝見しました。
ソラちゃんにとっては、毎日が楽しい大冒険なんですね~。
水を恐がらないのはすごい! エライ!
ちくわはシャワーの音がしただけで、怯えてました^^;

そばに来てちょこんと座ってくれると嬉しいですよね。
ソラママさんを振り返って見上げるソラちゃんの無垢な瞳。
安心しきってて、ほんとに幸せそう。

ソラママさん家族に、これからも嬉しい楽しい瞬間が、
沢山沢山訪れますように。


ちくわの短かすぎた命を、絶対的に肯定してくださり、
本当にありがとうございました。

とてもとても嬉しかったです。

2010-11-14 Sun 18:17:29

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちいちゃんママ URL 2010-11-15 Mon 10:26:39

初めてコメントします。いつも読み逃げばかりしていました。
とっても可愛いちくわちゃんを見ては和んでいました。

私も柴犬を飼っています。子供もいません。
私達夫婦にとって今いるワンコはかけがえのない存在です。
ちくわちゃんを失ったママさんの気持ちを考えると本当に
辛い気持ちになります。

ワンコは亡くなると虹の橋を渡るそうです。
その先にはたくさんのお友達がいて、生前病気や怪我で
苦しんでいた子も痛みから解放され、楽しく暮らすことが
できるそうです。
ちくわちゃんも今は痛みも苦しみもなく、お友達と楽しく
していますよ。
きっと空の上からママさんの事を心配しているでしょう。
すぐに元気になるのはムリだと思いますが、ご自分の
体も大事にしてくださいね。

かぼすママ URL 2010-11-15 Mon 20:17:43

今までの愛らしい写真を拝見し、涙が止まりません。
短い一生だったけど、たくさんたくさん愛されて、ちくわ君は幸せだったね。
乗り越えるまでにはとても時間がかかると思います。
どうしてあの時・・・、どうしてもっと・・・、どうして、どうしての繰り返し。
どうぞ、ご自分を責めたりなさらないで。
私は、ケンが亡くなった時、江原さんの本を繰り返し読みました。
とっても辛いけど、泣いてばかりいたら、ちくわくんはきっと悲しむよ。
ちくわくんの姿はもう見えないけど、今でもすぐそばにいるんだから。
またいつか、必ず会えるんだって! 
自分が旅立つ時に、ちぎれんばかりに尻尾を振って、迎えに来てくれるんだって!
その時まで、精一杯、頑張ろう!

ちくわ君のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。








ちびろみ URL 2010-11-15 Mon 21:20:54

突然の訃報に驚きました。
とてもショックで、言葉が出ません。
だけど、コメントを書かずにいられませんでした・・・
たとえ短い命だったとしても、ちくわ君はとっても幸せだったはず。
どうか、ご自分を責めたりなさらないでくださいね。

ちくわ君のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。

2010-11-15 Mon 23:33:52

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちくわ URL 2010-11-24 Wed 18:25:58

■ちいちゃんママ さん

コメントありがとうございました。
ご返答が遅くなり申し訳ありません。


>ワンコは亡くなると虹の橋を渡るそうです。

そうなんですね。
そうだと嬉しいな^^

今年の夏、生まれて初めて360度の虹をちくわと一緒に
見たのを思い出します。


>ちくわちゃんも今は痛みも苦しみもなく、お友達と楽しく
していますよ。

ほんとに心からそうであってほしいと願います。


>きっと空の上からママさんの事を心配しているでしょう。
すぐに元気になるのはムリだと思いますが、ご自分の
体も大事にしてくださいね。

ありがとうございます。
私は大丈夫です。
胸が張り裂けそうに悲しくて、辛い気持ちの時でも、
何故かちゃんとご飯も食べれますし、睡眠もしっかりとれます。
自分の丈夫さに呆れるくらいです。

ちいちゃんのブログ、拝見させていただきました。
ちいちゃん、可愛いですね~。
女の子らしい柔らかな顔をしてらっしゃる。

真っ赤な紅葉にちいちゃんの優しい毛色はとても映えますね^^
私もとても和ませていただきました。

また時々お邪魔させていただきますね。

>とっても可愛いちくわちゃんを見ては和んでいました。

元気な頃のちくわの姿を見てくださっていたこと、とても嬉しかったです。

本当にありがとうございました。

ちくわ URL 2010-11-24 Wed 19:03:50

■かぼすママ さん

なかなかお返事ができなくて、申し訳ありません。

生前の元気でわんぱくなちくわの写真を見てくださり、
本当にありがとうございます。
ちくわもかぼママさんに元気な姿を見てもらって、
喜んでいると思います。

かぼちゃんと、かぼママさんのご家族みたいに、色んな季節を
一緒に感じ、味わいながら生きていくのが私の夢でした。
なのに、今年の茹だるような夏しか見せてあげられなかった。
悲しいです。

過去に書かれた、わんぱくでいたずらっ子なケンちゃんの記事を
読ませて頂きました。
どうしても、かぼママさんのケンちゃんに対する想いと、私のちくわに
対する想いを重ねて読んでしまい。
涙が止まらなくなってしまいました。

いつか私が旅立つ時に、ちくわから私に駆け寄ってきてくれる自信は
全くありませんが、私がちくわを探しだして、駆け寄って抱きしめよう
と思います。
伝えられなかった「ごめんね」と「ありがとう」を目一杯伝えます。
その日を楽しみに、ちくわに恥ずかしくない生き方をしなくちゃですね。

柴犬かぼちゃんとの優しい日々が、末永く続きますように。

温かいメッセージ、本当にありがとうございました。

ちくわ URL 2010-11-24 Wed 19:26:10

■ちびろみ さん

ちくわの死を嘆いてくださり、私の心情を気遣ってくださり、
本当にありがとうございます。


>とてもショックで、言葉が出ません。
だけど、コメントを書かずにいられませんでした・・・

コメントを書いてくださり、本当にありがたく思っています。
ちくわが可愛くて仕方なくて、愛しく想うあまりに、ちくわ自慢として
始めた初めてのブログ。
本当に自己満足の世界でしたので、見てくださってる方がこんなに
いるだなんて思ってもいませんでした。

生前の元気なちくわを見てくださっていた方がいたんだ、と事実だけでも、
ブログを始めて良かったな、と心から思います。


ちびろみさんのブログ、拝見させていただきました。
コタツでくつろぐぽちちゃん、可愛いですね~。

ぽちちゃんを、ペットとして飼うというよりも、家族として一緒に
生活されてるんだな、とどの記事からもぽちちゃんを大切にされて
いるのが伝わってきて。
癒されます。

またお邪魔させていただきますね。

ぽちちゃんとの温かな日々が末永く続きますように。

2010-11-27 Sat 23:10:24

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010-12-02 Thu 12:47:10

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Comment Form
Only inform the site author.

Trackback+Pingback: 0

TrackBack URL for this entry
http://shibainuchikuwa.blog130.fc2.com/tb.php/110-3b7cbf8d
Listed below are links to weblogs that reference
柴犬ちくわとの日々 from 柴犬ちくわとの日々

Home > 未分類 > 柴犬ちくわとの日々

タグクラウド
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。